宇佐江みつこ×伊熊泰子「監視員は見た! 活字化不可能な美術館裏話」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

宇佐江みつこ×伊熊泰子「監視員は見た! 活字化不可能な美術館裏話」

『ミュージアムの女』(KADOKAWA)刊行記念

2018/3/24(土) 15:00~2018/3/24(土) 17:00

イベント受付開始時間 2018/3/24(土) 14:30~

本屋B&B

  • 宇佐江みつこ×伊熊泰子「監視員は見た! 活字化不可能な美術館裏話」 イベント画像1

宇佐江みつこさんの著書『ミュージアムの女』が昨年の9月に発売されました。

同書は、著者が勤務している岐阜県美術館の公式Twitterアカウントで発表され、テレビ、ラジオ、新聞などに取り上げられた『美術館の端っこに座っている人』の4コマに、書き下ろし漫画や、著者自身の美大生時代を振り返るコラム、岐阜県美術館の紹介などをまとめた、コミックエッセイです。

この刊行を記念して、著者の宇佐江みつこさんをお呼びしたトークイベントを開催します。

ゲストは、2018年3月号『芸術新潮』で「超老力」特集を担当された同誌編集部の伊熊泰子さん。

お互いに近いところにいながら、接点がなかなかなかったというお二人。

アートの話はもちろん、身近なのにほとんど知られていない美術監視員のお仕事のことなど、たっぷりとお話いただく予定です。

お楽しみに!

【出演者プロフィール】
宇佐江みつこ(うさえ・みつこ)
名古屋市出身。東邦高校美術科、金沢美術工芸大学油画専攻を経て、「高校時代から好きだった」岐阜県美術館に就職。好きな画家はフランスのルドン。SNSは苦手で携帯も「ガラケー」。投稿は同僚が担当している。

伊熊泰子(いぐま・やすこ)

『芸術新潮』編集者。1968年兵庫県西宮市生まれ。1992年早稲田大学第一文学部卒業後、新潮社に入社。写真週刊誌『FOCUS』、月刊誌『芸術新潮』編集部を経て、隔月刊誌『旅』の副編集長を務める。 2012年より再び『芸術新潮』編集部へ。同編集部では現代のうつわ、日本民藝館、英国スリップウエア、漆、利休と名碗など工芸系の特集を多く編集。 2011年より滋賀県の「しがアール・ブリュットアドバイザー」、2014年より滋賀県文化審議委員。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/3/2(金) 11:00~

2018/3/24(土) 13:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ