山川徹×星野博美「旅とコンニャクとカルピスの話 ――物語は半径2mから生まれる」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

山川徹×星野博美「旅とコンニャクとカルピスの話 ――物語は半径2mから生まれる」

『カルピスをつくった男 三島海雲』(小学館)刊行記念

2018/8/4(土) 15:00~2018/8/4(土) 17:00

イベント受付開始時間 2018/8/4(土) 14:30~

本屋B&B

  • 山川徹×星野博美「旅とコンニャクとカルピスの話 ――物語は半径2mから生まれる」 イベント画像1

このたびカルピス創業者・三島海雲の評伝を上梓した山川徹さん。

作品執筆のきっかけは、11歳の頃、母親に連れられ劇場に足を運んだ『火垂るの墓』のワンシーンにありました。

「清太さん、せっちゃん、カルピスも冷えてるよ」

カルピスは半世紀前から子供たちが飲んでいたのか。そんな素朴な思いは、いつしか取材意欲をかき立てるテーマとなり、山川さんをカルピスの生まれ故郷・モンゴル高原に足を運ばせます。

そんな山川さんいわく、最も影響を受けた作家というのが星野博美さんです。『コンニャク屋漂流記』では、祖父が残した屋号である「コンニャク屋」のルーツを追いながら列島中を旅し、『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』では古楽器リュートとの出会いからスペインに渡ります。

自らの半径2mの取材対象から、時空を超える紀行を紡いだお二人に、テーマとの出会い、そしてそれを巡る取材紀行の裏話をお話してもらいます。

【出演者プロフィール】
山川徹(やまかわ・とおる)
ノンフィクションライター。1977年、山形県生まれ。東北学院大学法学部法律学科卒業後、國學院大学二部文学部史学科に編入。大学在学中からフリーライターとして活動。著書に、『捕るか護るか? クジラの問題』『東北魂 ぼくの震災救援取材日記』『それでも彼女は生きていく3・11をきっかけにAV女優となった7人の女の子』など。
Twitter:@toru52521 

星野博美(ほしのひろみ)
ノンフィクション作家。1966年、東京生まれ。著書に『謝々! チャイニーズ』『転がる香港に苔は生えない』(大宅壮一ノンフィクション賞)、『のりたまと煙突』(以上、文春文庫)、『迷子の自由』(朝日新聞出版)、『愚か者、中国をゆく』(光文社新書)、『コンニャク屋漂流記』(文春文庫。読売文学賞、いける本大賞)、『島へ免許を取りに行く』(集英社文庫)、『戸越銀座でつかまえて』(朝日文庫)、『みんな彗星を見ていた──私的キリシタン探訪記』(文藝春秋)ほか。
Twitter:@h2ropon 

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/6/25(月) 13:00~

2018/8/4(土) 12:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ