加藤典洋「災後、戦後、文学――日本はどこに向かうのか」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

加藤典洋「災後、戦後、文学――日本はどこに向かうのか」

『言葉の降る日』『世界をわからないものに育てること』『日の沈む国から』(岩波書店)刊行記念

2016/10/29(土) 15:00~2016/10/29(土) 17:00

イベント受付開始時間 2016/10/29(土) 14:30~

本屋B&B

  • 加藤典洋「災後、戦後、文学――日本はどこに向かうのか」 イベント画像1

  • 加藤典洋「災後、戦後、文学――日本はどこに向かうのか」 イベント画像2

  • 加藤典洋「災後、戦後、文学――日本はどこに向かうのか」 イベント画像3

今年、評論家・加藤典洋さんの著書3冊『日の沈む国から――政治・社会論集』、『世界をわからないものに育てること――文学・思想論集』、『言葉の降る日』が岩波書店から続けて発売されました。

『日の沈む国から――政治・社会論集』は、「災後」と「戦後」という観点から、日本社会がかかえる根本的な課題を考察する日本社会論集。『世界をわからないものに育てること――文学・思想論集』は文学の現在を浮き彫りにする評論集で、『言葉の降る日』は、作家や思想家の実像と思想の核心に触れ、生と死の諸相に迫る一冊となっています。

この三部作の刊行を記念して、著者の加藤典洋さんをB&Bにお招きします。現代文学、政治、思想、歴史から、ゴジラ、漫画、J-POPまで縦横無尽に語り尽くす加藤さんに、これからの日本の課題について、様々な観点からお話いただければと思います。

ぜひご参加ください。

【出演者さまプロフィール】
加藤典洋(かとう・のりひろ)

1948年山形県生まれ。評論家。早稲田大学教授。東京大学卒業後、 1985 年、評論『アメリカの影』でデビュー。1995年「敗戦後論」を発表し、話題となる。 1997年『言語表現法講義』で新潮学芸賞、 1998年『敗戦後論』で伊藤整文学賞、2004年『テクストから遠く離れて』と『小説の未来』で 桑原武夫学芸賞を受賞する。他に、『日本風景論』『日本という身体』『日本の無思想』『小説の未来』『太宰と井伏』など著書多数。『考える人生相談』などエッセイも。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/10/12(水) 16:00~

2016/10/29(土) 13:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ