川野将一×スージー鈴木×藁谷浩一 『ラジオンガク 〜ラジオとミュージシャンの幸福な関係〜』 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

川野将一×スージー鈴木×藁谷浩一 『ラジオンガク 〜ラジオとミュージシャンの幸福な関係〜』

放送作家×評論家×編集者

2017/2/7(火) 19:00~2017/2/7(火) 21:00

イベント受付開始時間 2017/2/7(火) 18:30~

本屋 EDIT TOKYO

  • 川野将一×スージー鈴木×藁谷浩一 『ラジオンガク 〜ラジオとミュージシャンの幸福な関係〜』 イベント画像1

音だけでコミュニケートするメディア、ラジオ。

当然ながらこれまでも現在も、ミュージシャンが担当する伝説的なラジオ番組が数多く存在します。

中島みゆきのオールナイトニッポン
山下達郎のサンデー・ソングブック
松任谷由実 サウンドアドべンチャー
さだまさしのセイ!ヤング
星野源のRADIPEDEA 
ほか、大瀧詠一、宇多田ヒカル、福山雅治、aiko、
電気グルーヴ、長渕剛、THE ALFEE、hide、尾崎豊 …などの番組。
さらに、岡田有希子からAKB48、BiSまでの様々な女性アイドル、
解散により2017年から個人名での番組に切り変わるSMAPまで・・・

普段、作品の中でみせるミュージシャンとしての顔だけではなく、リスナーとのやりとりでふと垣間見える素の人間性など、ラジオならでは魅力がそこにあります。

そこで本屋EDIT TOKYOでは、新刊『ラジオブロス』が業界内外で「未曽有のラジオ本!」と驚愕とも言える反響を呼んでいる川野将一氏と、日本最大のカルチャーマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』連載時から評判の高かった『1984年の歌謡曲』の書籍化を2月10日に迎えるスージー鈴木氏の両名を招き、数々の貴重な過去資料を紐解きつつ、ミュージシャンとラジオの関係について語り尽くすトークイベントを企画しました。そして、進行役はイースト・プレス編集者の藁谷浩一氏。

ラジオがミュージシャンを育て、ミュージシャンがラジオを育てる。

そんな二つの幸福な関係について迫ります。

奮って、ご参加ください。


<プロフィール>
川野将一(かわのまさかず)
1971,10,11 生。静岡県出身。テレビの放送作家でラジオのヘビーリスナー
2013年11月よりメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』で
ラジオについてのスーパーハードエッセー「ラジオブロス」を連載。
2016年11月、イースト・プレスより全848ページの単行本『ラジオブロス』発売。


スージー鈴木
1966年大阪府東大阪市生まれ。音楽評論家、野球文化評論家、早稲田大学講師。『週刊ベースボール』、『水道橋博士のメルマ旬報』、『東京スポーツ』にてコラム連載中。著書に、『【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法』、『1979年の歌謡曲』(共に彩流社)。スージー鈴木「硬式」サイト:http://suzie.boy.jp/


藁谷浩一(わらがい・こういち)
1969年生まれ。格闘技雑誌編集者を経て、現在イースト・プレスで書籍編集。
『統合失調症がやってきた』(松本ハウス)、『やくざと芸能と』(なべおさみ)、『はじめての福島学』(開沼博)などを編集担当。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/12/28(水) 11:00~

2017/2/7(火) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

2000 ticket

2,000円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

edittokyo@bookandbeer.com

電話番号

03-6274-6892

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ