タルマーリーの“しあわせの観点”を通じて考える、これからの食と職 in神奈川

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

タルマーリーの“しあわせの観点”を通じて考える、これからの食と職

2018/10/8(月) 17:00~2018/10/8(月) 19:00

イベント受付開始時間 2018/10/8(月) 16:30~

BUKATSUDO

  • タルマーリーの“しあわせの観点”を通じて考える、これからの食と職 イベント画像1

  • タルマーリーの“しあわせの観点”を通じて考える、これからの食と職 イベント画像2

  • タルマーリーの“しあわせの観点”を通じて考える、これからの食と職 イベント画像3

2018/10/4 10:37 追加

※こちらのイベントは完売しました※

2018/9/22 11:54 追加

特別なパン好き/クラフトビール好きでなくても、その名を聞いたことがあるかもしれない「タルマーリー」。鳥取県の山間にある「智頭町(ちづちょう)」という地域で、地域の天然菌×天然水×自然栽培原料でつくったパンとクラフトビールを、かつて保育園だった建物を改装したカフェで販売・提供・発信している、渡邉格さん・麻里子さんご夫妻が営むお店です。

2008年、千葉県いすみ市で自家製酵母と国産小麦だけで発酵させるパンづくりから始まったタルマーリーが、岡山県勝山での活動を経て、鳥取の智頭町に移り、今年で創業10周年。長年重ねてきた経験と思いが詰まった格さんの著書『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(2013年/講談社)は昨年文庫化もされ、さらには中国や台湾、韓国でも広く読まれています。

智頭の近隣住民だけでなく、国内外から訪れる多くのお客さんを迎えながら「今ここで、タルマーリーにしかつくれないパンとビール」に挑戦し続けている格さん・麻里子さんご夫妻を、このたびBUKATSUDOにお招きできることとなりました。お二人がどんな観点で“しあわせ”を捉え、食という職を追求してきたのか。その、これまでとこれからをお聞きしたいと思います。

タルマーリーのお話をきっかけに、食べること、はたらくこと、地域とかかわることについて、少し考えてみませんか?


また、11月中旬には、タルマーリーのある鳥取・智頭町を訪ねるツアー(現地集合・解散)を計画しています。かつての宿場町の古民家を改装した智頭町で初めて開業するゲストハウス(まもなく完成予定)を拠点に、日本の四季を五感で感じる食事処、重要文化財の邸宅などを巡りながら、タルマーリーのおいしいパンやビールができる空気を体感しましょう。

※10/8(月祝)のトークイベント当日に詳細をご紹介し、後日参加者を募る予定です。

***********************************

【日 時】

10月8日(月祝)

開始17:00/終了19:00(開場16:30)

【参加費】3,000円

※タルマーリーの酵母(酒種)でつくったスコーンと1ドリンク付き。

(タルマーリーのクラフトビールも選べます!)

【定 員】30名 

【主 催】BUKATSUDO

【協 力】智頭町 


【出 演】

渡邉 格 / オーナーシェフ 

東京都東大和市出身。23歳で学者の父とハンガリーに滞在。食と農に興味を持ち、25歳で千葉大学園芸学部に入学。「有機農業と地域通貨」をテーマに卒論を書く。新卒で農産物流通会社に就職するも、 31歳でパン職人の道へ。渡邉格ならではのパンづくりを追求し、麹菌採取の道で目覚める。また、10代でパンクバンドに費やしたエネルギーが、起業後にはパンク的DIYに発展。大工仕事を覚え、可能な限り自力で店の改装を行う。著書に『田舎のパン屋が見つけた「腐る」経済』(講談社)。同書翻訳本が韓国でベストセラーに。台湾、中国でも翻訳され、国内外で講演活動も行っている。

  

渡邉 麻里子 / 女将

東京都世田谷区出身。幼少期から田舎暮らしに憧れ、環境問題に危機感を持ち、東京農工大学農学部で環境社会学を専攻。日本、アメリカ、ニュージーランドの農家や環境教育現場で研修し、食や農の切り口から環境問題に取組む道を模索。卒論では「女性が農村で生きる可能性」について考える。新卒で就職した農産物流通会社で渡邉格と出会い結婚。農産加工場に転職し、販売や広報を担当した後、タルマーリー開業。販売、企画、経理、広報などを担当。また1女1男の母として、田舎での職人的子育てを模索中。

 


野生の菌で醸すパン、地ビール&カフェ「タルマーリー」

https://www.talmary.com/

 

北山 幸朋/鳥取県智頭町地域プロデューサー(株式会社JAPAN PROPERTY nationwide 代表取締役)

ディベロッパー、不動産投資ファンド会社等を経て2008年に独立。キッチン付きレンタルスペース『MID STAND TOKYO』(東京都千代田区神田美土代町)、複層型シェアコミュニティ『OMOTESANDO stories』(東京都港区南青山)をはじめ、全国の地方自治体とも連携し、遊休不動産の活用事業に取り組んでいる。


株式会社JAPAN PROPERTY nationwide

https://jpnationwide.com


【場所】BUKATSUDO

※BUKATSUDOへのアクセスは少し分かりづらくなっています。

こちらをご参考のうえ、現地までお越しください。

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

参加費(スコーン+1ドリンク付)

3,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねます。
日程やイベント概要をお確かめのうえ、お申込みください。
(特にコンビニ決済をご利用の方は、システム上ご返金ができかねますのでご注意ください)

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

info_bukatsu-do@rebita.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ