小木戸利光×ホンマタカシ 「日々かわりゆく表現の形 トーク&パフォーマンス」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

小木戸利光×ホンマタカシ 「日々かわりゆく表現の形 トーク&パフォーマンス」

『表現と息をしている』(而立書房)刊行記念

2017/9/22(金) 20:00~2017/9/22(金) 22:00

イベント受付開始時間 2017/9/22(金) 19:30~

本屋B&B

  • 小木戸利光×ホンマタカシ 「日々かわりゆく表現の形 トーク&パフォーマンス」 イベント画像1

雑誌、映画、小説、音楽、web…、私たちはたくさんのメディアに囲まれて生きています。過剰な情報に囲まれ、物語のような現実に遭遇したり、想像を超える不条理に遭遇したり、挙げ句、自分で創作することに窮屈を感じ、其処此処の創作物に価値を見出だせなくなりつつあるのではないでしょうか。

そうした行き詰まりに正面から向き合い、いま表現することの意味を深く考え、『表現と息をしている』という本をまとめた小木戸利光(モデル/俳優/ミュージシャン)と、いくつもの新境地を開いてきた写真家・ホンマタカシが、各々の経験と秘策を語ります。

現実とドキュメンタリーの距離。つくり手の側に立つこと、受けとる側にたつこと、その違い、その作法。表現の発生する場所/瞬間/時代。癒しの音楽とも評される理由はいかにetc…
当日は、小木戸利光とホンマタカシによる創作パフォーマンスも行われます。
B&Bでお待ちしております!

小木戸利光(こきど・としみつ)
1981年福岡生まれ。英国ノーザンブリア大学にて演劇・パフォーマンスを専攻し、帰国後、tokyo blue weepsの歌い手として3枚のアルバムを発表する。俳優として、ドラマ、映画、舞台、ドキュメンタリー番組に出演するほか、身体表現によるパフォーマンスも行う。主な出演作に、NHKドラマ「あんとき、」(主演)、映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」(若松孝二監督)、「菊とギロチン」(瀬々敬久監督)、「飢えたライオン」(緒方貴臣監督)がある。2017年、エッセイ集『表現と息をしている』を上梓。

ホンマタカシ
写真家。著書に『たのしい写真』(平凡社)、写真集多数、近年の写真集にイギリスの出版社「MACK」より刊行したカメラオブスキュラシリーズの作品集『THE NARCISSISTIC CITY』がある。2017年9月28日〜10月9日 青山 Spiral Garden にて開催される「窓学展」に参加予定。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/9/3(日) 13:00~

2017/9/22(金) 21:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

[販売期間] 9/3(日) 13:00~9/22(金) 19:30

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ