5月30日(日曜日)「英語の文字指導/handwriting指導法オンラインセミナー・初級」(定員24名)

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

5月30日(日曜日)「英語の文字指導/handwriting指導法オンラインセミナー・初級」(定員24名)

小学校/中学校の英語指導者も含め、英語の文字指導/handwriting指導法を学びたい方に最適。申し込みは先着順です。

2021/5/30(日) 13:00~2021/5/30(日) 16:30

イベント受付開始時間 2021/5/30(日) 12:30~

※5月9日開催のセミナー・初級と同内容です。
※セミナーの日時、開始時刻、終了時刻を必ずご確認下さい。
※今回の定員は24名に絞って開催します。
※オンラインでの配信は、Google Meetを使います。事前に、webまたはアプリで、Google Meetでの視聴ができるようご準備下さい。
※申し込みに当たっては、諸連絡ならびに、資料配付のため、必ず添付ファイル、PCアドレスからのメールが受け取れるメールアドレスを登録願います。
※メールアドレスの誤記があると連絡ができませんので、必ずご確認の上、登録願います。
※受講後に必ずセミナー内容を評価していただきフィードバックをメールで送っていただくことを受講の条件とします。

受講対象:英語指導者、自治体の英語系指導主事、大学での英語科教育法担当者、英語教育系出版社、ノート製作会社、筆記具製作会社等、英語の文字指導をきちんと扱いたい方。受講者自身が実際に欧文書体を書くことが重要な意味を持つワークショップです。現時点での巧拙は問いませんが、ご自分の書いた字を見(られ)ることを厭わない方の受講をお願いします。

講座内容:小学校の英語教科化や新学習指導要領で、「文字指導」のニーズは小学校段階に移ってくる、などと言われますが、そもそも「中学校」段階で、きちんとした文字指導、handwritingの指導はどのくらい行われてきたでしょうか?また、高等学校段階で、文字を書くことにどの程度配慮がなされているでしょうか?
この講座は、実際に「手で書くこと」= handwriting の指導法をきちんと扱い、その指導体系を考えるワークショップです。
欧文書体のhandwritingの指導体系を持つ、英国などのカリキュラム、シラバス、教材を踏まえ、日本の学習者にとって、より適切な「文字指導/handwritingの指導法」を共有します。

・欧文書体・フォントの基礎知識
・「フォニクス」ではない、handwritingとしての文字指導
・四線など補助線の意義
・シラバスデザインと文字導入の順序
・筆記用具の持ち方・握り方、姿勢への配慮
・筆記補助具、ワークシートの活用法

受講申し込みの際のアンケート項目で、「文字を書く際は、右利きか左利きか?」の項目に必ずお答え下さい。
また、当日までに、事前配布のワークシートをプリントアウトし、既に芯が削ってあり、書ける状態の「鉛筆」を一本ご準備下さい。

受講申し込みを済ませた方は、ブログ「英語教育の明日はどっちだ!」(http://tmrowing.hatenablog.com/の文字指導/handwriting指導関連の記事を受講までに必ずお読み下さい。

問い合わせは、申し込み画面にも表示されている tmrowing.ELTあっとまーくgmail.com の「tmroiwng英語研究会事務局」のアドレスまでお願いします。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2021/5/14(金) 18:00~

2021/5/28(金) 21:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

5/30 英語の文字指導/handwriting指導法セミナー

5,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

tmrowing.ELT@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ