「翻訳フォーラム式辞書デー2022」

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、ビジネス

「翻訳フォーラム式辞書デー2022」

『翻訳のレッスン』の著者4人が辞書の使い方をお見せします。(講師:高橋さきの・井口耕二・高橋聡・深井裕美子)

2022/1/29(土) 13:00~2022/1/29(土) 17:00

イベント受付開始時間 2022/1/29(土) 12:45~

  • 「翻訳フォーラム式辞書デー2022」 イベント画像1

  • 「翻訳フォーラム式辞書デー2022」 イベント画像2

翻訳者の「商売道具」である辞書。翻訳学習者からベテラン翻訳者に至るまで、辞書への関心は常に高く、これまで翻訳フォーラムが開催してきた辞書関連セミナー(※)には、毎度たくさんの皆様にご参加いただいてきました。

今回の「翻訳フォーラム式辞書デー」は、より深く辞書を取り上げます。翻訳フォーラムのメンバーが、普段からどのような辞書を、どのようなタイミング、どのような組み合わせで使い辞書のどこを見て、訳文のどこに活かすかといったことを、具体例とともにお見せします。取り上げる辞書は多種多様。英和、和英、英英、国語、専門辞書、そしてコーパスにいたるまで、さまざまなものをご紹介します。無料の用語集やネット検索だけに頼るのではなく、辞書を使うことの意味や価値も、おわかりいただけるようになるでしょう。

今回は初めてアーカイブ配信も行います。できれば生でご参加いただけると嬉しいですが、時差の関係などで難しい方はアーカイブをご覧ください。大勢の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

翻訳フォーラム共同主宰 高橋さきの・井口耕二
幹事 高橋聡・深井裕美子(企画制作)

日時:2022年1月29日(土)13:00-17:00 (受付開始は12:45を予定)
主催:翻訳フォーラム fhonyaku.jp
使用サービス:Zoom
参加費:5,500円(事前申し込み制、税込み)
定員:お申し込み状況によって変動

プログラム
(演目の題名ならびに順序は変更になる場合があります)

「翻訳者として辞書を使う・入門編」(高橋聡)
「辞書引きの実際」(高橋さきの・深井裕美子・高橋聡・井口耕二)
「テクニカルタームと専門辞書」(高橋さきの)
「日英翻訳に使う辞書とコーパス」(深井裕美子)
「国語辞典をもっと知ろう」(高橋聡)
「辞書を科学する~辞書概論」(高橋さきの)
「ディスカッションとQ&A」(4人)

登壇者
高橋さきの 特許翻訳、学術翻訳、評論など。英日・日英の翻訳歴39年。「日本語の読み・書き技術」や「翻訳技法」について話すことも多い。訳書に『できる研究者の論文生産術』『できる研究者の論文作成メソッド』(講談社)、『猿と女とサイボーグ』(青土社)など、共著書に『プロが教える技術翻訳のスキル』(講談社)などがある。翻訳フォーラム共同主宰。

井口耕二 翻訳歴30年。論文など硬い文書からマーケティング資料など柔らかい文書までの英日・日英をカバーする。最近は書籍が中心で、訳書に『スティーブ・ジョブズ』(講談社)、『リーン・スタートアップ』(日経BP社)、『PIXAR 』(文響社)などがある。翻訳フォーラム共同主宰。

高橋“帽子屋"聡 CG以前の特撮と帽子と辞書をこよなく愛する実務翻訳者。翻訳学校講師。日本翻訳連盟(JTF)理事・副会長。学習塾講師と雑多翻訳の二足のわらじ生活と、ローカライズ系翻訳会社の社内翻訳者生活を経たのち、2007年にフリーランスに。現在はIT・マーケティングなどの翻訳を手がける。近訳書『機械翻訳:歴史・技術・産業』(森北出版)。

深井裕美子 翻訳者・通訳者・講師。翻訳歴30年。得意分野はエンタメ・メディア・PR(日英・英日)で、最近は字幕の仕事が多い。講座では主に英文読解と句読法を指導している。使用言語は日英仏。最近は日本手話も勉強しており、書記言語と手話言語間の翻訳にも興味がある。翻訳フォーラムではイベントの企画運営とYouTube(日本語字幕付)を担当。

ハッシュタグ
#辞書デー0129

申し込み方法
・支払いはクレジットカードまたはPayPay残高でお願いします。(海外在住で、日本発行のクレジットカードやPayPayアカウントをお持ちでない方は、events.fhonyaku@gmail.comまでご相談ください)
・お申し込み後の連絡には、ご登録いただいたメールアドレスを使用します。アドレスの誤入力などが原因で、ZoomURLなどを記載した主催者からの連絡メールが届かず、ご参加いただけなかった場合でも、参加費の返金や補償はいたしません。

事前アンケート
申し込みフォームに質問欄を設けます。辞書について知りたいことをお寄せください。時間の関係ですべてのご質問にお答えできない場合もありますが、ご了承ください。

事前配布物
開催日が近づきましたら、事前に読んでおいていただきたいもの、印刷されると便利なものについてメールでお知らせします。各自ご確認・ご準備をお願いします。

Zoom
開催日直前になりましたら、ZoomのURLをメールでお知らせします。当日は、必ず申し込みと同じ名前(日本語)に表示名を変えてご参加ください。Zoomの使用方法についてのお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

ツイッター
緊急連絡事項などは公式ツイッター@fhonyakuで発表することがあります。

アーカイブ
イベント終了後、準備が整い次第、1週間のアーカイブ配信を行います。視聴方法は、参加者の皆さんに後日お知らせいたします。

参考
・「翻訳フォーラム YouTube」(過去のイベントの一部を公開中)
・4人の共著『できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン』(講談社)

※過去の辞書関連主催イベント
「最初に買う辞書・使う辞書」(2020)
「辞書のホントの使い方」(2019)
「ジャパンナレッジと見坊さん」(2018)
「脱・辞書の持ち腐れ《50Hz》」(2018)
「辞書ブラウザ 手取り足取り」(2017)
「辞書とコーパス1日マスター」(2016)

チケット販売期間外です

販売
期間

2021/12/12(日) 12:00~

2022/1/25(火) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

1/29 翻訳フォーラム式辞書デー 2022(税込)

5,500円

販売条件

※領収書は発行いたしません。カードの支払明細等をご利用ください。 ※キャンセルおよびキャンセル待ちの制度はありません。お知り合いに受講権をお譲りいただくことはできますが、必ず事前においでになる方のお名前とメールアドレスをevents.fhonyaku@gmail.comまでお知らせください。 ※開催日が近くなりましたら、ZoomのURLをお送りします。事前配布物の送付や緊急連絡をすることもありますので、お申込みの際にはご自分のメールアドレスを再度お確かめください。またpassmarket-master@mail.yahoo.co.jpと events.fhonyaku@gmail.comからのメールが受信できるように設定をお願いします。メールアドレスの間違い等で連絡が付かなかったり、PCトラブル等で視聴できなかったりした場合も、受講料の返金はいたしかねますのでご了承ください。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

events.fhonyaku@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ