講演会「印判手食器の観賞入門 ―輸入から国産へ」 in大阪

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 展示・展覧会、美術館

講演会「印判手食器の観賞入門 ―輸入から国産へ」

特別企画展「文明開化のやきもの 印版手」関連行事

2023/2/11(土) 14:00~2023/2/11(土) 15:30

イベント受付開始時間 2023/2/11(土) 13:30~

大阪歴史博物館 4階 講堂


特別企画展「文明開化のやきもの 印版手」関連行事

講演会「印判手食器の観賞入門 ―輸入から国産へ」

 本講演では、プリントウェア研究の第一人者である、岡 泰正氏を講師に迎え、17~19世紀当時に西洋に最も近かった長崎の出島をめぐるやきものの歴史的背景、江戸時代に「輸入」されていたプリントウェアが、大正期以降に近代窯業・産業として「輸出」へと転じた歴史について取り上げ、ヨーロッパと日本の磁器産業が影響を与え合う様子を概観します。出島からは「輸出品」としての有田磁器の破片が膨大に出土し、なかには「輸入品」であった景徳鎮磁器、そしてわずかな量のマジョリカ焼のアルバレロ、デルフト陶といったヨーロッパ製陶磁器の破片が出土します。それらを素材に、日本の西洋文化受容の一端をとらえます。

 また、18世紀のヨーロッパで発明されたプリントウェアが幕末(19世紀中期)の日本へともたらされハイカラな食器として受容されるとともに、写しを製作する試みが行われます。その創意工夫が近代の西洋食器として瀬戸・美濃の磁器産業を牽引していく様を「ウィロウパターン」と呼ばれる図柄を中心に紹介します。_________________________________________________

講  師:岡 泰正 氏(神戸市立小磯記念美術館 館長)

日  時:令和5年(2023211日(土・祝) 午後2時~330分(受付は午後130分より開始)

会  場:大阪歴史博物館 4階 講堂

定  員:180名

申込方法:事前申込制(先着順)

参 加 費: 500円 手続き完了後、お客様の事情によるキャンセル・払い戻しはできません。

※ボランティア研修の方はパスマーケットでは申し込まないでください。申し込まれた場合、取り消し・返金等はできません

※「キャンパスメンバーズ」会員校の方は、受付にて会員校の証明書を提示して頂くことで参加費を無料とします。
申込時にいったん参加費をお支払い頂き、後日の払戻しとなります。ただし、コンビニ決済は払い戻しができません。
















チケット販売期間外です

販売
期間

2023/1/11(水) 09:00~

2023/2/10(金) 23:59

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

講演会「印判手食器の観賞入門 ―輸入から国産へ」

500円

販売条件

1、館内ではマスク着用・手指消毒をお願いします。また、入口に非接触式体温計を設置しています。2、入館時に大阪コロナ追跡システムのご利用(あるいはご入館シートのご記入)をお願いします。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

Yahoo!ウォレット(クレジットカード)

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

Yahoo!ウォレットに登録されたカードのみ利用可能です。詳細はこちらをご確認ください。

コンビニ決済

コンビニ決済は別途手数料がかかります。
またお支払い期限がございます。
詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

06-6946-5728

9:30~17:00(休館日を除く)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ