特集NEW STANDARD -映画と対話で考える世界のダイバーシティ- in愛媛

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

特集NEW STANDARD -映画と対話で考える世界のダイバーシティ-

山形国際ドキュメンタリー映画祭アーカイブ・セレクション

2021/12/25(土) 17:00~2021/12/26(日) 22:00

シネマルナティック

  • 特集NEW STANDARD  -映画と対話で考える世界のダイバーシティ- イベント画像1

  • 特集NEW STANDARD  -映画と対話で考える世界のダイバーシティ- イベント画像2

  • 特集NEW STANDARD  -映画と対話で考える世界のダイバーシティ- イベント画像3

1989年にアジアで最初に国際ドキュメンタリー映画祭を開催して始まった山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)は、ドキュメンタリー映画に特化したアジアでも数少ない映画祭の一つです。

そのYIDFFと連携し、世界中から集まったアーカイブ作品の中から「ダイバーシティ」をテーマにドキュメンタリー作品を選定。4作品それぞれの上映後、専門性の高いゲストを招いてトークを行います。



【前夜祭】12/25(土)        


愛媛県でも開催されている国際映画祭。国際的な映画祭とは何を目指すべきなのか、地域から発信する芸術的な祭典の意義とは何か、山形の事例を切り口に多角的な議論を展開していきます。

後半は『愛について語るときにイケダの語ること』四国初上映が決定!

上映後、プロデューサーの佐々木誠監督から作品にまつわるエピソードなどを伺いながら、ドキュメンタリー映画に潜む虚と実の淡い境界について、登壇者一同で自由に語り合います。


17:00〜

第一部 基調講演「地方における国際映画祭のあり方〜山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)が目指す映画文化」

 講師:阿部宏慈(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)

シンポジウム「国際映画祭とは何か?」

 登壇者:阿部宏慈、佐々木誠(映像ディレクター/映画監督)

     石川誠二(マネキネマ事務局長)徳永高志アートNPOカコア理事長)


18:40〜

第二部 特別上映『愛について語るときにイケダの語ること』 待望の四国初上映!


19:50〜

第三部 トークセッション「ドキュメンタリーの虚実皮膜」

 登壇者:阿部宏慈、佐々木誠、石川誠二徳永高志


進行:戸舘正史(松山ブンカ・ラボ ディレクター)


チケット料金

第一部:無料(無料チケットをお選びください)

特別上映+トークセッション:1,000円

※各回終了ごとに換気・消毒のため、客席を完全入れ替えさせていただきます。



【特集上映&トーク】12/26(日)  

12:30- ①『ラ・カチャダ』(81分)

14:00-14:50 トーク「”ダイバーシティ”を疑う~アートとマイノリティ」

 ゲスト:あかたちかこ(大阪市立阿武山学園専門講師)、越智雄磨(愛媛大学法文学部講師・芸術学)、佐々木誠 


15:10- ②『ユキコ』(70分)

16:30-17:20 トーク「作品分析/ユキコを読み解く」

 ゲスト:阿部宏慈、佐々木誠


17:40- ③『コーナーズ』(66分)

18:55-19:45 トーク「LGBTQについて知る・考える」

 ゲスト:あかたちかこ


20:05- ④『築巣人  A Rolling Stone』(54分)

21:10-22:00 トーク「生活のなかにいる表現者たち~音楽家と社会学者の対話」

 ゲスト:中ムラサトコ(ボイスパフォーマー)、石川良子松山大学人文学部教授)



開場:上映開始10分前

トーク:約50分
進行:戸舘正史
(松山ブンカ・ラボ ディレクター)

※登壇者はオンラインでの参加になる場合があります。ご了承ください。



チケット料金

上映&トーク 1作品につき 1,500円

1日通し券 5,000円

※各回終了ごとに換気・消毒のため、客席を完全入れ替えさせていただきます。



会場                 


シネマルナティック

松山市湊町3丁目1-9 マツゲキビル2F

http://cinemalunatic.sx3.jp/

※駐車場はありません。公共交通機関や近隣のコインパーキングをご利用ください。



上映作品】前夜祭12月25日(土)  


『愛について語るときにイケダの語ること』 待望の四国初上映!

身長 112 センチの青年、初主演・初監督作にして遺作

ドキュメンタリーを超えた異色のセルフ・リアリティ・ショー 


四肢軟骨無形成症(通称コビト症)の池田英彦は、スキルス性胃ガンステージ4の宣告を受ける。死を意識した池田は、自分と女性のセックスを撮影し始め、映画として遺すことを企む。20年来の友人である脚本家・真野勝成が協力し、2年間で撮影された素材は60時間を超え、池田の死をもってクランクアップ。障害と性、死を描きながら本作にはポップな魅力が溢れている。池田の意思を受け継ぎ、映画を完成させたのは、ドラマ「相棒」などの脚本家・真野勝成。編集を「マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画」などの監督作がある佐々木誠が手がけ、58分に凝縮してみせた。


2020年/58分/ 対象年齢18歳以上

企画・監督・撮影・出演:池田英彦/出演:毛利悟巳

プロデューサー・撮影・脚本:真野勝成/共同プロデューサー・構成・編集:佐々木誠

配給・宣伝:ブライトホース・フィルム

https://ikedakataru.movie 

© 2021 愛について語る時にイケダが語ること



上映作品】12月26日(日)     


『ラ・カチャダ』

エルサルバドルの露店で生活の糧を得るシングルマザー5人が演劇のワークショップに参加し、講師とともに劇団「ラ・カチャダ」を立ち上げる。リハーサルを繰り返すうちに、彼女たちは自分たちの生活や状況に向き合うことになる。それは社会全体が許容している、女性に対する不当な暴力のサイクルだった。哀しみを肥った肉体に秘めて陽気にふるまう女たちは、植えつけられたトラウマを乗り越えることができるのか。本作が初の長編監督作品となるマレン・ビニャヨは、ラ・カチャダの活動に1年半密着して、その魅力を存分に映像に焼きつけた。

エルサルバドル/2019/スペイン語/カラー/81分

監督、脚本、撮影、録音:マレン・ビニャヨ


『ユキコ』

フランス在住の監督、生まれ育った朝鮮で暮らす母、戦時中に朝鮮人の恋人を追い日本からソウルにやってきた祖母。監督は、朝鮮戦争の渦中に生き別れ、母の記憶に残っていない祖母のことを仮に「ユキコ」と呼び、互いに薄い関わりしか持たない3人の女性像を親密に紡いでいく。母が独りで住む江華島、ユキコが人生最期の地に選んだ沖縄で、母のシルエット、日常風景、老人ホーム、摩文仁(まぶに)の丘が、繊細なカメラワークで重ね合わされる。ふたつの島で架空の物語が交わり、戦時の悲劇が呼び起こされる。「記憶にない者を悼むことができるのか」という普遍的な問いが響く。

フランス/2018/韓国語、日本語/カラー/70分

監督、脚本、撮影:ノ・ヨンソン


『コーナーズ』

同性愛などLGBTの男女が、昼間の仮面をはずして自分らしさを解放できるバー「コーナーズ」。台湾の女性監督が、幻想的なイメージ映像を交えながら、台湾社会の抑圧に身を潜める者たちの孤独と愛欲を描く。監督自身が自ら同性愛者であることをカミングアウトしており、台湾でも高い評価を受け、各国のLGBTをテーマとする映画祭でも上映された。

台湾/2001/中国語/カラー/66分

監督:周美玲(ゼロ・チョウ)、劉芸后(ホホ・リュウ)

*台湾国際ドキュメンタリー祭2002審査員賞

※作品の一部にセクシュアルな表現が含まれます。ご了承ください。


『築巣人 A Rolling Stone』

自閉症の息子と娘と3人で暮らす旅行会社勤務のシングルファザー。息子は、蜂の巣を集め、道に落ちている瓶を拾い集め、ヤドカリを拾い、蜂を主題にした絵を描き、あるいはオブジェを作っている。息子にひたすら付き添い、仕事と家事に追われながら生活する父親の姿が映し出される。その毎日はまるで押し上げた重石が転がり落ちる日々の繰り返し。彼との接続の瞬間に目を凝らすと、主人公やその家族への愛着を沸かせる力を持つ作品。

台湾/2013/中国語/カラー/54分

監督:沈可尚(シェン・コシャン)

*2013台北電影奨グランプリ


作品提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭



\  12/26(日)限定  

NAVY BAGELSさんがシネマルナティックに出店!

人気のベーグルやマフィンなど 上映&トークとご一緒にお楽しみください!

https://www.instagram.com/navybagels/

※売り切れ次第終了


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【チケット購入方法】


①チケット販売ページへ進む

 ・PassMarketの公演ページより『チケットを申し込む』ボタンを押し、チケットご購入ページへ進んでください。


②チケット・枚数を選択する

・次にチケットを選択します。

・前夜祭の第一部は、無料のチケットをお選びください。

・26日は、お得な1日通し券がございます。


③お支払方法を選択する

・希望するお支払い方法を選びます。

・Yahoo!ウォレットにクレジットカードを登録している方は、そのままご購入いただけます。

・コンビニ決済を利用するにはログインする必要があります。


※コンビニ決済をご利用のお客様は購入後のキャンセルが出来ませんのでご注意ください

※URLとパスワードが届いてからのキャンセルは出来ませんので予めご了承ください。


④申し込みを確定する

・最後に申し込み内容を確認します。

・『メールのあて先』で入力したメールアドレスに、確定と同時にメールが届きます。

※受取拒否等の設定をされている場合は『passmarket-master@mail.yahoo.co.jp』からのメール受取を許可してください。


⑤チケットを受け取る

クレジットカード決済の場合

・確定後すぐにチケットが発行されます。

・購入したチケットはメール または 購入済みチケットからいつでも表示できます。

・ログインせずに申し込んだ場合はメールでのみ受け取れます。


コンビニ決済の場合

・注文から3日以内にコンビニでお支払いください。

・お支払いが完了するとチケットが発行され、メールが届きます。



主催:NPO法人 クオリティ アンド コミュニケーション オブ アーツ(アートNPOカコア)

企画協力:松山ブンカ・ラボ

協力: 山形国際ドキュメンタリー映画祭

後援:松山市

⽂化庁「ARTS for the future!」補助対象事業


コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2021/12/3(金) 09:00~

2021/12/24(金) 21:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

12/25(土) 基調講演・シンポジウム

無料

12/25(土) 特別上映+トークセッション

1,000円

12/26(日) 1日通し券

5,000円

12/26(日) ①12:30『ラ・カチャダ』

1,500円

12/26(日) ②15:10『ユキコ』

1,500円

12/26(日) ③17:40『コーナーズ』

1,500円

12/26(日) ④20:05『築巣人 A Rolling Stone』

1,500円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

npo.qacoa@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ