【名建築で名曲を】F.L.ライトと遠藤新による重要文化財 自由学園 明日館講堂 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 音楽、ライブ

【名建築で名曲を】F.L.ライトと遠藤新による重要文化財 自由学園 明日館講堂

フルート、ピアノ、チェロによるトリオコンサート

2024/2/18(日) 19:00~2024/2/18(日) 20:30

イベント受付開始時間 2024/2/18(日) 18:30~

自由学園明日館 講堂

  • 【名建築で名曲を】F.L.ライトと遠藤新による重要文化財 自由学園 明日館講堂 イベント画像1

  • 【名建築で名曲を】F.L.ライトと遠藤新による重要文化財 自由学園 明日館講堂 イベント画像2

  • 【名建築で名曲を】F.L.ライトと遠藤新による重要文化財 自由学園 明日館講堂 イベント画像3

【コンサート概要】

池袋駅から、繁華街とは反対側に徒歩数分。

閑静な住宅街に佇むかつての校舎は、現在、国の重要文化財に指定されている「自由学園明日(みょうにち)館」。

主な校舎の設計を務めたのは、建築史に名を残すアメリカの巨匠、フランク・ロイド・ライト。校舎の向かいに建つ、今回のコンサート会場である講堂は、ライトの助手を務めていた建築家、遠藤新(あらた)によって、校舎が完成した数年後に設計されました。


遠藤新は講堂の設計にあたり、師であるライトや明日館校舎の特徴をふんだんに取り入れ、現在見ることができる校舎と講堂は、異なる建築家が設計をしたとは思えないほどに、向かい合って美しく共鳴しています。


コンサートのテーマは『名建築の響き』です。


ここで言う「響き」は、単に音響を指すものではありません。

明日館および講堂は、照明一つ、椅子一脚に至るまで、ライトや新によってデザインされたと考えられています。

そのため建物、家具ともに統一感のあるデザインは互いに視覚的に共鳴し、空間に安定感をもたらします。


そして何よりも、明日館が建設された背景には、自由学園の創設者である羽仁もと子、吉一夫妻の教育思想にライトとが共鳴したことがあります。


今回のコンサートにおいては、音楽はあくまで響きに気づくためのきっかけの一つ。

100年近くの歴史を持つ名建築の「響き」をご堪能ください。


【プログラム】※いずれもフルート、ピアノ、チェロのトリオ

・C.P.E.バッハ / ハンブルガーソナタ

・G.F.ヘンデル / フルートソナタ G dur Op.1 No.5 HWV363b

・J.S.バッハ / フルートソナタ E dur BWV1035

・P.ゴーベール / ロマンティックな小品

・J.M.ダマーズ / 演奏会用ソナタ



【日時】

2024年2月18日(日)

19:00開演(18:30開場)(20:30終演予定)



【出演】

柴田翔平(フルート・お話)

横山さやか(ピアノ)

松本晋(チェロ)



【入場方法】

会場受付にてチケット画面をご提示ください。

全席自由です。

チケット販売期間外です

販売
期間

2023/10/14(土) 00:00~

2024/2/18(日) 20:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

自由席

1,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

shibata.shi4ba8@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ