【5/19開催】『羅(うすもの)』1号刊行記念 Special Talk Event Vol.01 三宅香帆×宇野常寛 in京都

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

【5/19開催】『羅(うすもの)』1号刊行記念 Special Talk Event Vol.01 三宅香帆×宇野常寛

オンライン同時開催

2024/5/19(日) 15:00~2024/5/19(日) 17:00

イベント受付開始時間 2024/5/19(日) 14:30~

堀川新文化ビルヂング2F NEUTRAL

  • 【5/19開催】『羅(うすもの)』1号刊行記念 Special Talk Event Vol.01  三宅香帆×宇野常寛 イベント画像1



昨年、大垣書店は批評家・黒嵜想を編集に迎え、『羅(うすもの)』0号を発刊いたしました。そして2024年6月頃、ついに次号として『羅(うすもの)』1号の刊行が決定しました。

そこで1号刊行を記念したSpecial Talk Eventの第一弾として、0号刊行記念イベントでお招きしました宇野常寛さん、また同じく0号に書評を執筆いただいた三宅香帆さんをお招きしてトークイベントを開催いたします。
三宅さんは宇野さんが主宰する出版社PLANETSより『娘が母を殺すには?』が5月15日(水)に刊行予定です。「毒母」「呪い」「母がしんどい」「母が重い」――いまや社会現象となっている「母と娘の葛藤」は、フィクション作品の中でも繰り返し描かれ、その解法が探られてきました。母娘問題はいま文藝批評のなかで最も論じられている問題のひとつです。
昨年『2020年代の想像力』を刊行された宇野さんと、いま批評の場所はどこにあるのか、そして20年代の想像力はどこに向かうのかを議論します。

トークイベントは実会場とオンライン(Zoomウェビナー)にて同時開催いたします。
またトークイベント終了後サイン会も開催。オンライン参加の方もサイン本付のチケットがございますので、ぜひ奮ってご参加くださいませ。


日時2024年5月19日(日)15:00~17:00(開場 14 :30)
    トークイベント 15:00ー16:00
    質疑応答    16:00ー
16:30
          サイン会       16:30ー17:00

会場(実会場)堀川新文化ビルヂング2F NEUTRAL
   (オンライン)Zoomウェビナー

定員(実会場)先着100名、(オンライン) 100名

参加方法:
 本サイトにてご希望のチケットをご購入ください
 受付期間:(リアル会場)5月18日(土)23:59まで
      (オンライン)5月19日(日)12:00まで

 ①リアル会場イベント参加券(前売り) 1,500円(税込)
  本サイトでお申し込みの上、会場受付にてお支払いください。
      現金にてご準備ください。

 ②オンライン視聴 1,000円(税込)
  Zoomウェビナーにて同時開催するオンライン参加専用のチケットです。
  ご参加の方にはイベント終了後期間限定のアーカイブ動画をご案内いたします。

 ③オンライン視聴+サイン本『娘が母を殺すには?』 3,700円(税込)
  Zoomウェビナーにて同時開催するオンライン参加に加え
  三宅香帆さんのサイン本(為書き入り)をイベント終了後にお送りします。
  送料500円を含みます。

 オンライン視聴+サイン本『2020年代の想像力』 2,578円(税込)
  Zoomウェビナーにて同時開催するオンライン参加に加え
  宇野常寛さんのサイン本(為書き入り)をイベント終了後にお送りします。
  送料500円を含みます。

 オンライン視聴+サイン本2冊『娘が母を殺すには?』『2020年代の想像力』
  4,778円(税込)
  Zoomウェビナーにて同時開催するオンライン参加に加え
  サイン本2冊(為書き入り)をイベント終了後にお送りします。
  送料500円を含みます。


 ※会場参加の当日券は2,000円、電話にてお席の状況を確認の上お越しください
  会場にて現金でのお支払いとなります。

書籍紹介:
・『羅(うすもの)』1号 大垣書店発行 2024年6月頃刊行予定
娘が母を殺すには?三宅香帆(PLANETS/第二次惑星開発委員会)
            2,200円(税込)2024年5月15日頃刊行予定
2020年代の想像力宇野常寛(早川書房) 1,078円(税込)


登壇者紹介:
三宅香帆(みやけ・かほ)
文芸評論家。京都市立芸術大学非常勤講師。
1994年生まれ。高知県出身。京都大学文学部卒。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程中途退学。IT企業勤務を経て、2022年に独立。エンタメから古典文学まで、評論や解説を幅広く手がける。著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』等。SNS(IG/twitter):@m3_myk

宇野常寛(うの・つねひろ)
評論家。1978年生。批評誌〈PLANETS〉編集長。 著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版)。 石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『遅いインターネット』(幻冬舎)、『砂漠と異人たち』(朝日新聞出版)、『ひとりあそびの教科書』(河出書房新社)など。 立教大学社会学部兼任講師も務める。


【イベントについての注意事項】
 ※定員に達し次第受付を終了いたします。
 ※オンライン配信はZoomウェビナーでの開催です。
 ※リアル会場でのサイン会参加につきましては、会場で対象書籍を販売いたします。
  ご購入いただいた方が参加対象となります。
 ※サイン本には為書き(お名前)を必ず入れさせていただきます。
 ※イベントは予告なく変更・中止になる場合がございます。
  あらかじめご了承ください。

【オンライン配信視聴に関する注意事項】
・本イベントはビデオ会議ツール「Zoom」のウェビナー機能を利用して開催いたします。あらかじめ参加予定の環境(端末およびインターネット接続環境)にてZoomの接続が可能かご確認ください。

・当日はイベント開始20分前よりご入室いただけます。イベント視聴招待メールに記載のURLより、ご入室ください。

・入室後、「コンピューターでオーディオに参加」というボタンをクリックしてご参加ください。なお参加者の皆さまのマイクおよびカメラは、自動的にオフにさせていただきますので、ご了承ください。

・開催時間中の入退室は自由です。

・本イベントは主催者(大垣書店)によって録画いたしますが、参加者さまによる録画録音は禁止とさせていただきます。

・万が一、主催者(大垣書店)のインターネット回線状況や設備機材の不具合による配信トラブルが発生した場合は、録画データのご提供等で対応させていただくことがございます。なお参加者都合による不具合にはお応えいたしかねます。

【アーカイブ視聴につきまして】
・アーカイブ動画をイベント終了後にYouTubeで限定公開いたします。イベント終了後に視聴URLをご案内いたします。

・公開期間は2024年5月24日(金)〜2024年6月2日(日)の予定ですが、数日前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【個人情報の取り扱いにつきまして】
本サイトにて記載いただいた個人情報に関しましては、イベントに関する連絡のみに使用させていただきます。






コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2024/4/25(木) 12:00~

2024/5/19(日) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

①リアル会場イベント参加券(前売り)

[販売期間] 4/25(木) 12:00~5/18(土) 23:59

スマホ専用チケット

②オンライン視聴

[販売期間] 4/25(木) 12:00~5/19(日) 12:00

1,000円

③オンライン視聴+サイン本『娘が母を殺すには?』

[販売期間] 4/25(木) 12:00~5/19(日) 12:00

3,700円

④オンライン視聴+サイン本『2020年代の想像力』

[販売期間] 4/25(木) 12:00~5/19(日) 12:00

2,578円

⑤オンライン視聴+サイン本2冊『娘が母を殺すには?』『2020年代の想像力』

[販売期間] 4/25(木) 12:00~5/19(日) 12:00

4,778円

販売条件

チケットご購入後のキャンセル、ご返金は致しかねます。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

contents@books-ogaki.co.jp

電話番号

075-431-5537

平日10時~19時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ