懐かしの活動大写真を活弁と生演奏で楽しむ in大阪

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

懐かしの活動大写真を活弁と生演奏で楽しむ

毎日新聞『点字毎日』創刊100年協賛企画

2022/7/9(土) 14:00~2022/7/9(土) 15:30

中央電気倶楽部

  • 懐かしの活動大写真を活弁と生演奏で楽しむ イベント画像1


【概要】

毎日新聞『点字毎日』創刊100年協賛企画

懐かしの活動大写真を活弁と生演奏で楽しむ 


「点字毎日」創刊100年を記念し『みんなで楽しむユニヴァーサル・バージョン』で上映します

名作無声映画を公開当時のまま上映し、活動写真弁士の「楽しくわかりやすい活弁」と全編にわたる「ピアノ生演奏」とともに楽しんでいただきます。当日はいくつかの工夫をしています。視覚や聴覚に障碍のある方も、みなさん、一緒に「懐かしの活動大写真」を楽しみましょう。

  

『番場の忠太郎 瞼の母』 1931年

長谷川伸 原作、片岡千恵蔵 主演

「おっ母さん、忠太郎でござんす!」義理と人情の名作時代劇!

  

『月世界旅行』 1902年

100年以上前に誕生したSFファンタジーの名作!

20世紀初頭の夢溢れる映画の魔法がここに!

  

・ご来場の方全員に点字付きプログラムを配布します

・ストーリーが良くわかる活弁特別バージョンで上映します

・司会、解説等は手話通訳付きです

・付き添いの必要な方は1名様まで参加無料です(※お申込時に、付き添いの方1名を引いた人数を入力してください)

 

日 時:令和4年7月9日(土)

    14:00~15:30終了予定(開場13:00)

参加費:おひとり様 2,500円(税込)※先着順。事前申し込みが必要です

会 場:中央電気倶楽部(〒530-0004 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1−25)

※自由席

    JR大阪駅 徒歩約12分 大阪メトロ四ツ橋線西梅田駅 徒歩約6分

    ※専用駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

主 催:Mエンターテインメント(毎日新聞大阪開発株式会社)

協 力:神戸映画資料館 マツダ映画社

お問合せ:m-entertainment@mainichi-ok.com

電話番号:06-6346-8787(平日10時~17時)

※決済完了後、お客様のEメールアドレスに画面チケットをお送りいたします。

 当日、受付でご提示ください。

※座席は自由席です。画面チケットに記載されている番号は、座席番号ではありません。

 

【出演者プロフィール】

活動写真弁士:大森くみこ さん

2012年弁士デビュー。関西を活動拠点に無声映画上映会、国内外の映画祭等に多数出演。 2019年ロサンゼルス「The Art of The Benshi」、OSシネマズ定期活弁ライブ、天満天神繁昌亭昼席等にも出演。ラジオパーソナリティーやナレーターとしても活躍。日本女子体育大学出身の力持ち。

・大森くみこ公式サイト

ラジオ関西「羽川英樹ハッスル!」「Playlist of Harborland」、ラジオ大阪「Hit&Hit 水曜日」出演中

 

ピアノ:鳥飼りょう さん

サイレント映画の楽士。ピアノ、パーカッションを演奏。全ジャンルの映画に即興で伴奏をつけ、これまでに伴奏した作品数は500以上。国内外の映画祭や劇場等での伴奏上映に多数出演している。現在、最も上映会で演奏する楽士のうちの一人。無声映画振興会代表。

Twitter:@ryo_torikai

Facebook:ryotorikai.music

  

【作品紹介】大森くみこ

『番場の忠太郎 瞼の母』 1931年/昭和6年/72分 原作・長谷川伸/監督・脚色:稲垣博

出演:片岡千恵蔵、常盤操子、山田五十鈴

瞼の母と聞いて「あぁ、知ってる。」という人もずいぶん減ったことでしょう。

浪曲や演歌でおなじみですが、実はこんなお話。と、今回知っていただけます。

股旅物の第一人者、長谷川伸の傑作戯曲を、若き稲垣浩監督(「無法松の一生」「宮本武蔵」等)が初の映画化。剣戟シーンは少ないものの「小鳥も木の葉も演技している」と評された画面構成はお見事。ともかくイケメンの片岡千恵蔵、女将おはまが当たり役となった常盤操子の演技、まだあどけない娘役の山田五十鈴もみどころです。

 

『月世界旅行』 1902年/フランス/12分 監督:ジョルジュ・メリエス

映画の教科書には必ず登場する、映画が誕生してまもないころにつくられた傑作。

監督のジョルジュ・メリエスは元マジシャン。映画と出会ってからはその虜となり次々に作品を生み出し、世界初の映画監督の一人となりました。その作品の特徴は、それまでホームムービーのようだった映画に物語をもたせ、特殊効果技術を次々に考案したことです。ファンタジックでエキセントリック、まるで魔法のようなメリエスの世界をお楽しみ下さい。

 

【活弁ってなに?】

昔、まだ映画フィルムに音のついていなかった頃、日本の映画館では「サイレント映画×弁士による語り×生演奏」という上映スタイルで映画を楽しんでいました。また当時は、映画 は 活動写真と呼ばれ、 活動写真 × 弁士つき上映の事、弁士のことを活弁と呼んでいたのです。古くさいと侮ることなかれ。日本独自の温故知新エンターテインメント・活弁ワールドをぜひご堪能あれ。

 

【ご注意事項】

・未就学児の入場はご遠慮ください。

・お申し込みいただかず当日お越しになられても入場できません。予めご了承ください。

・ご予約後のキャンセルはできません。枚数をお確かめの上、ご予約ください。

・お客様側のインターネット接続不良による返金は致しかねます。

・チケットのURLが届かない場合は、お電話にてお問合せください。

・出演者への入待ち、出待ち、プレゼントや差し入れ等はお控えください。

・会場内での飲食は禁止とさせていただきます。

・時間、上映作品など予定変更の場合がございます。予めご了承ください。

 

【新型コロナウイルス感染症対策の取り組みについて】
新型コロナウイルス感染予防の対策として、国や自治体などのガイドラインのもと、安心してご参加いただけるよう取り組んでまいります。皆様のご理解・ご協力のほど、お願い申し上げます。

・必ずマスクの着用をお願いいたします。

・ご来場時の検温・手指のアルコール消毒にご協力ください。受付時に体温が37.5度以上のお客様は、ご入場をお断りいたします。

・体調が優れない場合の来場はご遠慮ください。

・新型コロナウイルス感染症について国や自治体の方針や状況により、やむなく延期や中止をする場合がございます。ご了承ください。

















コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2022/5/16(月) 19:10~

2022/7/6(水) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

7/9 懐かしの活動大写真を活弁と生演奏で楽しむ

2,500円

受付中

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

m-entertainment@mainichi-ok.com

電話番号

06-6346-8787

10時~17時(平日)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ