『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』刊行記念 荘子it×吉田雅史 feat. 九段理江「ヒップホップと詩とAI」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』刊行記念 荘子it×吉田雅史 feat. 九段理江「ヒップホップと詩とAI」

2024/5/3(金) 14:00~2024/5/3(金) 15:30

イベント受付開始時間 2024/5/3(金) 13:30~

青山ブックセンター本店

  • 『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』刊行記念 荘子it×吉田雅史 feat. 九段理江「ヒップホップと詩とAI」 イベント画像1

ズレろ! 逸脱こそ王道である――
ヒップホップの「かっこよさ」とはなにか? 創作において「新しさ」はいかにして生まれるのか? ヒップホップの偉人/異人たちの実践からこれらの問いについて考えた対談・鼎談集『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』の刊行を記念し、トークイベントを開催いたします。ゲストは、著書『東京都同情塔』で第170回芥川賞を受賞された小説家の九段理江さん。

読点の“ズレた”使い方が生む「文体のリズム」とは? 現役最高峰ラッパー、ケンドリック・ラマーの方法論を彷彿とさせる「ポリフォニー=多声によるナラティヴ」とは? ヒップホップも愛聴する九段さんの諸作品から聞こえてくる「音楽」に迫ります。

また『最後の音楽:||』では、技術革新に伴って音楽制作の現場で進行する「画一化」や「無個性化」に抗うための方途を探っていますが、『東京都同情塔』におけるAIの部分的な活用がたいへん話題の九段さんも交え、あらためて創作とテクノロジーの関係について考えを深めます。

小説家、トラックメイカー/ラッパー、批評家/ビートメイカーが語らう、この日限りのスペシャルセッション。ふるってご参加ください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2024/4/16(火) 14:00~

2024/5/3(金) 13:59

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

2024年が5月3日14時〜荘子it×吉田雅史 feat. 九段理江

1,540円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

Yahoo!ウォレット(クレジットカード)

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

Yahoo!ウォレットに登録されたカードのみ利用可能です。詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

boc97002@str.bookoff.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ