臨床行動分析カンファレンス 特別対談企画『関係フレーム理論(RFT)を臨床で生かす』

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

臨床行動分析カンファレンス 特別対談企画『関係フレーム理論(RFT)を臨床で生かす』

2022/1/30(日) 10:00~2022/1/30(日) 12:00

【概要】
2022年1月30日(日)に、オンラインにて臨床行動分析カンファレンス特別対談企画『関係フレーム理論(relational frame theory:RFT)を臨床で生かす』を開催いたします。
ご登壇いただくのは、慶應義塾大学の山本淳一先生と、The Chicago School of Professional Psychologyの久留宮由貴江先生です。

この企画では、臨床場面で関係フレーム理論(RFT)を活用する上で、応用行動分析学(applied behavior analysis: ABA)がエビデンスを積み上げてきた行動と学習の法則をいかに使いこなすかを討議します。多様な事例の実践を検討しながら、共通の用語、概念、方法論で討議を展開します。このことを通じて、RFTとABAとがどのような「関係」であるかについて、議論を発展させていきます。

開催当日は、RFTを活用した以下の3つの事例を久留宮先生に解説していただき、それについて応用行動分析学の視点から山本先生と対談していただきます。

【事例1】
引きこもりの状態にあるクライエントの事例。言葉を使った機能分析を行い、間接的随伴性マネジメントによって言葉の機能の転換を行い、外出や入浴といった生活上の行動の改善が示された。

【事例2】
統合失調症のあるクライエントの事例。クライエントの私的出来事の弁別刺激としての機能を弱め、目の前にいるセラピストの弁別刺激としての機能を強めることで、他者との会話をする行動の改善が示された。

【事例3】
特定の話題への執着や他者に対する批判が多いクライエントの事例。介入では自然な文脈においてクライエントのもつルールのタクトを促し、他者視点の取得、実行機能の働きという機能の転換をもたらした。

この企画で挙げられる事例では、いずれもクライエントの認知や言語といった私的出来事をRFTに基づいて分析され、介入されています。認知や言語のプロセスを、行動分析学の用語を用いて整理した実践を蓄積することは、初学者の技術の習得を促進するとともに、他流派との対話を可能にし、より成果を生み出す節約的な方法論の構築に役立つと考えられます。
本特別対談では、文脈的行動科学と行動分析学との基礎について、事例を通じて理解を深めることができるのと同時に、白熱した討議が期待されます。


事例検討と討議では、以下のキーワードが飛び交います。
文脈的行動科学(CBS),関係フレーム理論(RFT),応用行動分析学(ABA),アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT),ルール支配行動(RGB),私的出来事(private event),言語行動(verbal behavior),機能分析(functional analysis),機能の転換(transfer of function),間接的随伴性マネジメント(indirect contingency management),セルフ・モニタリング(self-monitoring),マインドフルネス(mindfulness),複数の範例による訓練(multiple exemplar training),アディクション,統合失調症,引きこもり

【参加資格】
・心理士(公認心理師・臨床心理士、その他心理職の方)
・保健・医療・福祉・教育領域の専門職(看護師、福祉士、教師、その他)
・関連する学生、大学院生
※参加資格の有無に関するお問い合わせはメールにてお問い合わせください。

【申し込みの流れ】
チケットをご購入いただいた方へ、ご登録いただいたメールアドレスに前日までにZOOMウェビナーのアドレスを送ります。当日そちらからご参加ください。

当日の録画した動画を編集し2月6日から5月6日まで視聴可能といたします。

【お願い及び注意事項】
・チケットはお一人様1枚購入でお願いいたします。(お知り合いの方の分の購入等はできません)

・ZOOMの使用方法等のご質問にはお答えすることができませんのでご了承ください。

・当日参加は安定した電波状況のもとでご参加ください。電波状況によるトラブルには責任が負えないことをご了承ください。また、不測の事態などで配信が途切れることなどもありえますがご了承ください。(当日途切れてしまっても、後日の動画視聴は可能です。)

・当日のZOOMアドレス及び、動画配信URLは申し込み者のみにお知らせします.受講者以外への拡散は厳に禁じます。

・禁止行為(録画録音、URLの無断共有、チャットでの誹謗中傷、参加者の情報公開)が発見された場合直ちにご退場いただきます。

ご不明な点、ご質問はお気軽にメールにてお問い合わせください。


臨床行動分析研究会ホームページ
https://sites.google.com/view/clinicalbehavioranalysis/

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2021/11/28(日) 22:00~

2022/1/30(日) 00:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

当日LIVE参加&後日視聴チケット

1,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

cba_conference@yahoo.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ