京のまちづくり史連続講座 第5回「近代の都市水害とその要因を考える」

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、ビジネス

京のまちづくり史連続講座 第5回「近代の都市水害とその要因を考える」

京都市景観・まちづくりセンター 景観・まちづくり大学

2021/9/24(金) 19:00~2021/9/24(金) 20:30

  • 京のまちづくり史連続講座 第5回「近代の都市水害とその要因を考える」 イベント画像1

京のまちづくり史連続講座

近代の都市水害とその要因を考える」(9/24開催)

講師:谷端 郷氏(北海学園大学人文学部 日本文化学科 講師)
北海学園大学HP内講師紹介ページ


内容

市内を鴨川や桂川などの河川が流れる京都では、古くから水害に悩まされてきました。その実態を振り返る作業は、今後の対策を考えていく上で欠かせません。

本講座では、過去の水害の中で特に1930年代に発生した京都の大水害に注目し、当時の被害を地理的な要因と都市の拡大による社会的な要因から分析します。また、同時期の大阪市、神戸市における水害の被害状況と比較し、地域による都市水害の違いについて考えます。



受講料

1,010円(学生500円)


日時

2021年9月24日(金)19時~20時30分


会場

オンライン(ZOOM)開催

※オンラインでの参加が難しい方は、当センター内ワークショップルームにてご受講いただけます。(10名限定)
ワークショップルームにてご視聴をご希望の場合は、このフォームを使わず、当センターに直接お問い合わせください。

緊急事態宣言に伴い、オンライン(ZOOM)のみの開催とします。(2021/9/14追記)


定員

50名(申込多数の場合は抽選)


申込受付期限

2021年9月22日(水)


【キャンセルポリシー】

クレジットカード決済、PayPay決済の方
・講座前日までの依頼分:全額返金
・講座当日以降の依頼分:返金不可
コンビニ振込の方:返金不可


京のまちづくり史連続講座について

まちづくり活動に関わる方、関心がある方、学んでいる方を対象に、京都のまちづくりに取り組むうえでの基礎を学ぶ全9回の連続講座です。

京都のまちの成り立ちや特徴、学区による自治、景観の変化やコミュニティなど、京都のまちの重層性と、現代にいたる先人のまちづくりに対する活動の歴史を体系的に学びます。

京都の景観やまちの形成に人々がどのように関わってきたか、人々の活動から学び、見識を深めることで、これからの京都のまちづくりに役立てます。


公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター当財団HP

景観・まちづくりセンターは、市民・企業・行政によるパートナーシップのまちづくりを推進し、京都らしい景観の保全・創造、質の高い住環境の形成などに取り組んでいます。


★現在申込受付中のイベント一覧はこちら→(PassMarket / 当財団HP
★過去の講座の様子はこちら→(当財団Facebook

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2021/6/17(木) 10:00~

2021/9/23(木) 23:59

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

9/24単回 一般

1,010円

9/24単回 学生(要 学生証)

500円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

machi.info@hitomachi-kyoto.jp

電話番号

075-354-8701

月~土9:00~21:30、日・祝9:00~17:00

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ